愛犬とのスキンシップ

愛犬とスキンシップ♪♪♪

楽しんでいますか???


もふもふのあの頭をなでなですると、私たちの方が元気をもらったりします☆

いろんなご相談の中で私が大切なことのひとつとしてお伝えしているのが

お散歩(運動と情報収集)

愛犬とのスキンシップです。


コミュニケーションを取る というと、触れなくてもできる事ってありますよね。

でも、私は触れることが大切と思っています。


警戒心なく、どこでも触れる信頼関係を築いていきたいものですね。


ホールドスティール(後ろから抱きあげる)状態でもリラックスしてもらい、

そのままいろんなところに触れる。

それを嫌がらない子でいてほしいと思います(^^)


お口のまわり、手の先、おなか など。

本来、犬が嫌がるところですので触れる時は優しく触ってあげてください。


愛犬マロンも柴犬らしいところもあったりで、子犬の頃はおなかを見せてもくれませんでした。

少しずつのスキンシップで今ではどこを触っても怒りません。


カラー・リードをつける時、

服を着せる時、爪切り時、

シャンプーやお口のケアなどがグンと楽になります。お互いにね。


たまに、「服を着せようと思ったら噛まれるんです」とかお聞きします。

少しずつのスキンシップから始めてみてくださいね。

きっと素敵なドッグライフになる事と思います(*^_^*)


ドッグマッサージもおすすめですよ(^^)

marron's Ownd

dog life adviser ~愛犬との暮らしをもっと豊かに~

0コメント

  • 1000 / 1000