クレートトレーニングは必要?

犬を迎える時に準備するものの中にサークルやクレートは必ず購入することと思います。

私が子犬販売をしていた時も必ずお客様に事前にお伝えしておりました。


サークルやクレートがあることによって愛犬の心の健康が保たれているところは大きいです。

自分だけのスペースがある。

この安心感を愛犬に感じさせてあげてない方もいらっしゃるんですね。。。

ご自宅にサークルを設置していないお宅が意外と多いことを知って、びっくりしました。


「狭い所へ閉じ込めてかわいそう」

そう思っていることの方が愛犬にとっては悲劇です。


しつけ相談で「一緒に寝てるのが悪いのでしょうか?」と質問されたことがありますが、信頼関係が築けてから一緒に寝るのもいいと思います。

ただ、愛犬がゆっくり体を休めたいと思っている場合、自分の寝床がないのは不安定の元。

そして、クレートも外出時には必要なアイテムの一つです。


「小型犬だから抱っこで大丈夫」

と思ってクレートトレーニングをしていないと イザ という時に入ってくれません。


ちょっとしたお出かけならスリングなどでも問題はありません。

でも、旅行となるとクレートは必需品。

車の運転も運転席に愛犬を乗せるなんてもっての外です。

公共の場で愛犬の同伴に許可が下りても、その施設の限られた場所以外はクレートの中で過ごすことになります。

(病院へのお見舞い等ですね。)


そして、考えたくはないですが備えていなくてはならない災害時。

愛犬と一緒に避難するためにはクレートがなくてはなりません。

避難先では同じ室内に入れず、犬は違う場所に案内される事もあるそうです。


大切な大切な家族の一員である愛犬だからこそ、しっかりと考えてもらいたい。

可愛がることと甘やかすことの違いを。

そして、種が違う 犬 という事も忘れないでもらいたい。

愛犬を守れるのは飼い主であるあなただけなのだから。

marron's Ownd

dog life adviser ~愛犬との暮らしをもっと豊かに~

0コメント

  • 1000 / 1000